【プレスリリース発信】社会福祉従事者への理解と支援を求める

2020.5.14

【プレスリリース発信】社会福祉従事者への理解と支援を求める

本会では、新型コロナウイルス感染症に関する社会福祉施設・事業所に対する風評被害を実態を把握すべく、「緊急調査(期間:5月1日〜11日、対象:都道府県委員・中央推薦委員)」を実施しました。

本調査で判明した風評被害の実態を踏まえ、社会福祉施設・事業所および社会福祉従事者に対する理解を支援を求めることを目的に、プレスリリースを発信いたしました。

リリースした内容について、さまざまなメディアから問い合わせがあり、正しい理解をより広く社会に伝えるために、対応を進めています。

プレスリリースの内容はこちらからご確認いただけます。

参考:時事通信による報道

プレスリリースでは、国民のみなさまへ下記のメッセージを発信しました。

国民のみなさまへ

 社会福祉施設・事業所は、高齢者、障がい者など特に支援が必要な方々の居住や支援に関わる第一人者として、利用者の方々やその家族等の生活を守り抜くためにサービス提供を継続しています。

 慢性的な人手不足が続くなか、「利用者の生活を維持するためのサービスの継続」と「感染拡大リスクを低減させるための感染防止策の徹底」を両立させるために、日々、全国各地の現場で試行錯誤を重ねています。
福祉サービスの目的は、日常生活を営むことが困難な方を支援することにあります。つまり、私たちが提供する福祉とは「日常生活そのもの」です。サービスの提供が失われてしまえば、その地域で支援を必要としている子どもたち、障がいのある方、高齢者等の日常生活が失われてしまいかねません。その影響は、ご本人のみならず、ご家族、地域の生活、経済にまで及びます。

 「医療崩壊」の危機についてさまざまな場面で取り上げられ、医療従事者への謝意を表する行動が社会全体でのムーブメントとなり、また、国や自治体によるさまざまの対策がとられています。

 医療従事者の生活を守り、「医療崩壊」の防波堤になるためにも、「介護崩壊」、そして「福祉崩壊」を防ぐことが重要であり、さまざまなひとの日常生活を維持するために全力で戦っている福祉従事者を守るためには、みなさまのお力添えが必要です。

 どうぞ、こうした困難な状況のなかでも、人々の日常を支え続けるために、最前線で活躍する社会福祉従事者へのご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

【新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る最新情報】

メールニュース「経営協情報」および厚生労働省のホームページをご確認ください(以下、クリックすると厚生労働省ホームページに飛びます)。

介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について(厚生労働省)

障害福祉サービス等事業所における新型コロナウイルス感染症への対応等について(厚生労働省)

保育所等における新型コロナウイルス対応関連情報(厚生労働省)

  • Previous

    【コロナに関する通知の内容を動画で解説】<保育編① 利用者負担額>

  • Next

    【コロナに関する通知の内容を動画で解説】<介護編① 通所介護事業所における電話による安否確認>