平成30年7月豪雨にかかる被災状況等について

2018.7.19

平成30年7月豪雨にかかる被災状況等について

IMAGE

 このたびの平成30年7月豪雨により多くの方が犠牲になり、現在でも多くの方が避難生活を余儀なくされています。お亡くなりになられた方がたに謹んでお悔やみ申しあげ、また、被災された全ての方がたに心よりお見舞い申しあげます。

 本会会員が所属する社会福祉法人・福祉施設においても、浸水等の被害が生じており、一部の施設では、他施設への利用者の移送等、近隣施設の協力のもと、必要な対応が図られていることが報告されています。

 本会は、「経営協災害支援基本方針」を踏まえ、全国経営協と連携・協働し、中国・四国ブロック青年会が実働を担いながら被災状況と支援ニーズを把握し、被災されたすべての方がたと被災した社会福祉法人・福祉施設への支援活動を展開してまいります。

 本会・全国経営協の支援状況ならびに関連通知等につきましては、引き続きメールニュース「経営協情報」等において、情報発信させていただきます。

 

全国社会福祉法人経営青年会

会長 塘林 敬規

 

全国経営協・全国青年会活動状況、関連通知等について

経営協災害支援基本方針【概要版】

経営協災害支援基本方針

災害支援マニュアル

 

  • Previous

    静岡県青年会 平成30年度総会・勉強会を開催

  • Next

    栃木県青年会 平成30年度第1回全体会を開催