【次代の創造委員会】「次代の創造委員会~福祉における生産性向上および福祉のみらい価値に関する先駆的事例紹介~」(報告書)を公開!

2021.5.17

【次代の創造委員会】「次代の創造委員会~福祉における生産性向上および福祉のみらい価値に関する先駆的事例紹介~」(報告書)を公開!

全国青年会(以下、本会)では、「サービスの質の向上と業務効率化」、「社会福祉法人がめざすべき将来像の構想~2040年に向けて~」という2つの重点課題に対応すべく、

この度、令和元・2年度の本会 次代の創造委員会(以下、本委員会)において、

「次代の創造委員会~福祉における生産性向上および福祉のみらい価値に関する先駆的事例紹介~」(報告書)を作成しました。

本報告書の内容として、本委員会が所管する「福祉における生産性検討チーム」と「みらい価値構想チーム」という2つのチームが、あらかじめ、上記2つの重点課題に対応している全国各地の先駆的な実践事例を複数取材し、その実践展開についてのポイント等をわかりやすくまとめています。

なお、本報告書において紹介している先駆的な実践事例の詳細は、各動画コンテンツとしても制作し、本会のYouTubeチャンネルで視聴することができます。

《全国青年会YouTubeチャンネル》

https://www.youtube.com/channel/UCUqcB77O5Q_MZ0NScgS9evw

《本報告書で紹介している実践事例》

【福祉における生産性検討チームが取材した実践事例】

1.社会福祉法人平成福祉会(山梨県)

 ⇒ICT機器の導入はもとより、経営理念の浸透および職場の環境整備を通じ、生産性の向上や法人のブランディングに力を入れている事例。

2.社会福祉法人みずうみ(島根県)

 ⇒新たな働き方である「ケアアシスタント」や「福祉クラーク」の導入により、介護現場における生産性向上に力を入れている事例。動画では、導入や実践を通じ、得られた効果を検証するまでの一連のプロセスを「導入編」、「実践編」、「実証編」に分けて紹介している。

【みらい価値構想チームが取材した実践事例】

1.株式会社クロフ―ティング(本社:大阪府)

 ⇒フレンチレストランを経営する株式会社が福祉事業の展開に力を入れている事例。動画では、一般企業から見た福祉や社会福祉法人の魅力や課題等に触れながら、福祉の価値を高めるための視点等を3部構成で紹介している。

2.社会福祉法人サンシャイン会(香川県)

 ⇒独自のYouTubeチャンネルを活用した福祉の魅力発信に力を入れている事例。動画では、YouTubeを活用する背景、実際に発信するまでのプロセス、得られた効果やリスク管理等について、2部構成で紹介している。

3.社会福祉法人長岡福祉協会・崇徳厚生事業団(新潟県)

 ⇒福祉と医療の連携を行い、認知症高齢者へのきめ細やかな支援に力を入れている事例。動画では、医療との連携における課題を乗り越え、利用者支援の質と職員理解を高める取組を3部構成で紹介している。

これら先駆的な実践事例から、各法人・施設における取組のヒントを得られるよう、本報告書および各紹介動画をぜひご覧ください!

参照ファイル

  • Previous

    【制度・政策委員会】「中長期計画策定マニュアル活用の手引き」公開

  • Next

    全国青年会 令和3年度第1回委員総会を開催/令和3・4年度新体制を紹介