全国青年会 4つの委員会をそれぞれ開催

2018.5.29

全国青年会 4つの委員会をそれぞれ開催

IMAGE

 平成30年5月17日(水)、総務広報委員会、研修企画委員会、社会福祉法人経営検討委員会、地域活動実践委員会の第1回委員会をそれぞれ開催しました。

 

第1回総務広報委員会

 同委員会では、平成29年度事業の成果や課題等について、あらためて確認したうえで、今年度事業(広報事業・組織強化事業)の方向性や具体的な進め方について協議しました。

 広報事業の推進に関して、

  • ホームページにおけるコンテンツについて、今年度も引き続き、会員ニーズに即したかたちでコラムを展開してはどうか
  • 本会広報媒体において、会員が所属する法人が実践する先駆的な取組や創意工夫を凝らした取組を紹介してどうか

といった意見が挙げられました。

 また、さらなる組織強化(会員数の拡大、双方向性の向上、全国経営協との連携 等)に向けて、具体的な取組方策について検討しました。

 

 青年会活動の“見せる化”および組織力強化に向け、今年度もさまざまな活動を展開してまいります。

(報告・総務広報委員長 村木 宏成(愛生会))


 

第1回研修企画委員会

 昨年度実施した研修会の反応等を踏まえ、今年度実施する研修事業の企画および当日の運営等について協議しました。

【研修事業スケジュール】※5月17日(火)時点

研修会 日 程 開催地
基礎講座 7月9日(月)~10日(火) 東京都
コーチングトレーニング講座 8月2日(木)~3日(金) 大阪府
コーチングスキルアップ講座 8月22日(水)~23日(木) 東京都
専門講座(第1回) 9月 ※調整中 東京都
海外研修 ※調整中 ※調整中
ゼミナール研修 10月 ※調整中 ※調整中
第22回全国大会 11月15日(木)~16日(金) 京都府
専門講座(第2回) 2月 ※調整中 東京都

 

 また、調査研究事業として、昨年度から取り組む「高齢者施設における特別支援学校知的障害教育校への就労状況調査」に関して、高齢者施設への調査を実施するにあたり、対象をどのように位置づけるか等について意見交換しました。

(報告・研修企画委員長 古田 周作(福寿園))


 

第1回社会福祉法人経営検討委員会

 中長期計画策定の普及・促進に向けた取組ならびに第37回全国社会福祉法人経営者大会第5分科会のプログラム等について協議しました。

 昨年度とりまとめた「事例から学ぶ!中長期計画策定のポイント」の活用を促進し、中長期計画策定を普及するために、今年度は、全ブロックの定例勉強会において、中長期計画にかかるプログラムを設けることとなっています。

 また、第37回全国社会福祉法人経営者大会第5分科会については、昨年度の分科会に対する参加者のご意見を踏まえ、内容を検討しました。

 昨年度に引き続き、全委員の「主体的な活動への参画」をモットーに、事業を展開してまいります。

「事例から学ぶ!中長期計画策定のポイント」はこちらから

(報告・社会福祉法人経営検討委員長 遠部 敦也(聖恵会))


 

第1回地域活動実践委員会

 今回は、昨年度から取り組んでいる報告書のとりまとめに向けて、「①地域づくり」、「②包括的支援展開に向けた専門人材の育成」、「③担い手の育成としての福祉教育」、「④安心・安全なまちづくり」の4つの柱に基づき、具体的な検討を進めることを確認しました。

 また、「②包括的支援展開に向けた専門人材の養成」に向けては、各委員が所属する法人の実習プログラム等を参考に、今後の方向性について検討しました。

 加えて、「③担い手育成としての福祉教育」の推進については、今後の方向性・スケジュール等について確認するとともに、「④安心・安全なまちづくり」については、全国経営協災害支援特命チームの検討状況を共有し、本委員会として取り組むべき課題の洗い出し等を行いました。

 

○検討骨子(イメージ)

※クリックすると拡大できます。

 

(報告・地域活動実践委員長 山内 義宣(輪光福祉会))

 

  • Previous

    北海道青年会 経営管理講座を開催

  • Next

    全国青年会 平成30年度(第19回)委員研修会を開催