熊本県青年会 平成29年度第4回定例勉強会を開催

2018.3.22

熊本県青年会 平成29年度第4回定例勉強会を開催

IMAGE

 熊本県青年会では、平成30年3月1日(木)に、KKRホテル熊本にて「地域の中で必要とされる法人づくり・存在意義を考える」をテーマに、第4回となる定例勉強会を開催しました。

 

 四日市福祉会の柏木 三穂理事長に「地域の中で必要とされる法人づくり~四日市福祉会の実践~」についてご講演をいただきました。

 特に、就労支援として行われているガソリンスタンド事業の実施に至るまでの道のりは、柏木理事長の障害者福祉に対する粘り強い情熱の賜物だと感じました。

 また、障害福祉サービスのみならず、地域における「まちづくり推進協議会」等への積極的な参加や、地域活性化のための「よんてつ(四日市徹夜踊り)」企画運営など、地域において無くてはならない法人として活躍されています。

 四日市福祉会の取り組みは、社会福祉法人のあるべき姿の一つの形を切り拓いていると感じました。

 

(報告・熊本県青年会会員 宮崎 嗣大(有朋会))

  • Previous

    佐賀県青年会 平成29年度 先進的視察研修会を実施

  • Next

    東海・北陸ブロック青年会 平成29年度定例勉強会を開催