静岡県青年会 第2回研修会を開催

2018.4.4

静岡県青年会 第2回研修会を開催

 平成30年3月23日(金)、「平成29年度静岡県社会福祉法人経営青年会 第2回研修会」を開催しました。

 今回は、地域における公益的な取組の実践等を通じた地域づくりをテーマに、全国青年会 神田副会長、事例報告として社会福祉法人静清会の市川氏、社会福祉法人誠信会の坂間氏が登壇しました。

 神田副会長の講義では、「これからの社会福祉法人と青年会に求められるもの」と題し、社会福祉をめぐる動向について説明があり、また、地域における公益的な取組の実践や効果的な広報戦略等にかかる全国経営協・全国青年会の基本的な考え方について解説がありました。

 続いて、静清会市川氏より、個人や団体のもっている知識、技術、経験、情報といった財産を地域の方がたにプレゼントすることで、支え合いの連鎖の創出をめざす「プレゼント・バンク」について詳しく説明いただきました。

 次に、誠信会坂間氏より、「子どもの育ちを地域でサポートする」をコンセプトに、富士山麓のふじふくしの里で実施されている「森の自由研究おたすけ隊」の活動内容とその取組の背景にある法人としての地域に対する想い等について、紹介いただきました。

 本研修会を通して、私たち社会福祉法人が、地域共生社会の実現に向けて、これまで以上に地域における公益的な取組を推進していかなければならないことをあらためて学ぶことができた有意義な研修会となりました。

(報告・静岡県青年会 副会長 大塚 渉爾(美芳会))

  • Previous

    九州ブロック青年会 会長会を開催

  • Next

    鹿児島県青年会 第4回研修会を開催